Questions and Answers

秦漢至の南北朝の印章の秦漢 a

Viewing 1 post (of 1 total)
  • Author
    Posts
  • #32338741
    Anonymous
    Inactive

    秦漢至の南北朝の印章の秦漢

    至の南北朝の印章、戦国の既定の法律を継続して、やはり封泥に用います 上’、開運印鑑に頼ってでこぼこで標識をします。1の小さい塊の封泥、地位は狭苦しくて、もちろんすべて型を印刷します 小さい。役所の印判の普通な1. 5センチメートルの平方、3センチメートルのまで大もある、しかしきわめて少ないです。 個人の印の普通な2センチメートルの平方、あるいは更に小さいです。印文の圧倒的多数は“白文”の1を使います これが後世に印肉で押してくるになった後の呼称、その時に“陽文”といって、すぐ閉じます すりつぶしたものの上で会う印文は盛り上がったの〔が第4章の1〉を参照するのです。南北朝の時代、…から 絹の紙ですでに普遍的で通用して、封泥の制度はだんだん廃止して、印章は朱あるいは墨をつけて、 ふたは絹の紙の上にあります。絹の紙の地位はゆとりがあって、型を印刷するのは次に同じくだんだん大きくて、特に役所の印判、1 類は5センチメートルあるいは6、7のセンチメートルの平方まで(へ)大きくて、官級の高低に従うのは規定の。ハンコは全く使います 陽文、まったく存在しないで例外にします。これも物質の条件の異なる原因です。
    隋、唐官印、後の世まで伝わる尚多。《隋唐来の役所の印判が集まって保存する》は一般に隋唐の官を収めます 20余り印を印刷します。篆書法は素朴で、別に風格があります。これはもちろん初めの時期を制定するのです ある現象、それからやっとだんだん加工して、カナダは精密です。隋、唐はんこ、後の世まで伝わるのはきわめて少ないです。《良いです 金齋古の銅の印譜》が“世南”、“真卿”諸を収録して(の図の1を印刷する 1 2〉は,は虞世は南、顔真卿の物は ,は大胆にあわただしく信じるかどうか。《法帖》が刻んで“貞観”の2字の陽文の連ねた珠があります 印、この^が後世にチベット印の初めを映せて〈第13章の李を参照して分泌する“端が位置する 室”の3字の白い文印(の図の3〕があってことがある、これは後世室名印の初めは(章チューを参照して第12 すぐ良が《蘭亭の書き付け》をまねて書いて“チュー氏”の印(さん)を使うのです。僧の懐素は漢の代“の軍司を使います 馬印は”は得意げな本を押します。竇泉《本を述べて作る》の中は1段が“印が検査する”を議論することがいて、唐を列挙します 初期の士大夫の印文に代わって、11の例を全部で。この印の圧倒的多数私達 すでに見えませんでした。小篆 きちんと整って、きっと学者所の本からと私達の見られた“貞観”、“zhu氏”などの印文について言います。
    漢は文を印刷して筆画のまばらな字に出会って、偶然曲がっている全て書き込む書き方があります。宋 代わった後の役所の印判、この書き方の応用はだんだん多くて、とても大きい発展。もし後の世まで伝わるならば“新浦 県の新鋳印は”は印文の筆画の巻き添えは織りなして、とても均整が良くて、別に1種の美感(の図の の4^があります。それから更に“9が篆書を畳む”の名称があって、曲がっていぐるぐる回って、ますます緻密になって、もちろん すべての字がすべて9に書いて畳むのではありませんて、実際に6が畳んで、7が、を8畳んでそのために10が畳むことを畳むもある あるいは10は以上の(実印〉を畳みます。9といって篆書を畳んで、中から取って重層の意味を折り畳みます。これ 1書式、宋は代わってすでに大幅に発展して、ずっとそのまま用いて元、明るいことに着いて、ますますにぶくて、見たところ 編物のようで、切り紙細工の格にも似ていて、統一されていて、絶対に少しの風趣、どれだけ大きいかの芸がありません 術の意味。

Viewing 1 post (of 1 total)
  • You must be logged in to reply to this topic.
Copyright ©2021 Ask Oracle. All rights reserved.

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account